【時事NEWS】離婚したら持ち家はどうするべき?後悔しないための離婚準備(2022年最新)

「もう実家に帰ります。」

「顔も見たくない。」

 

突きつけられた「離婚」という現実。

 

お互いに色々と理由があっての「離婚」なら
円満離婚と行きたいですよね?

 

でも、ある問題を解決しないと後々に大きく揉めることになり泥沼化してしまいます。

✅離婚時に揉める原因となるのは
「お金」の問題が大半です。

 

その中でも、一番の問題になるのが
「マイホーム」家の問題です。

 

持ち家・マイホームを所有している場合、離婚時に家の問題が揉める原因や離婚後の生活に大きく影響することになります。

なぜなら「持ち家・マイホーム」は夫婦二人の資産であり大きなお金が動くため問題なんです。

・離婚後も住み続けるのか?

・処分するのか?

・住宅ローンの残債をどう返済するのか?

離婚するときにはこのような「持ち家・マイホーム」に関する問題を無視はできません。

最悪は離婚したくてもできない状況が延々と続いたり、揉めて裁判となることもあります。

一人親になるならチェックして!
母子手当を受ける方が利用してる
国の救済制度
今すぐ確認!

家に住み続けるなら注意が必要!?

離婚後、どちらか一方が住み続ける際には注意が必要となります。

特に注意しなければならないのは、

「夫は家から出ていくがそのまま家の住宅ローンを支払い、妻と子供が住み続けるケースです。」

このケースでよくあるのは、夫が途中で住宅ローンの支払いを滞るパターンです。

夫も離婚後に、恋人の存在や再婚する話が出てきてしまうと、
そちらにお金がかかってしまうため住宅ローンや養育費の支払いが途中から急に滞ってしまうことがあります。

夫が支払いを滞納して、妻が連帯保証人になっていると滞納している夫の代わりに突然支払い請求がきます。

妻の方は支払いができずそのまま時間を開けてしまうと、銀行は競売の手続きにはいり、
裁判所からの命令で強制的に退去を命じられてしまいます。

自宅の名義を妻に変えてもローンの名義が前夫のままだと、
支払いの状況によってトラブルが起きやすくなります。

ローンの名義を変えることも銀行は簡単には了承してもらえません。
夫の収入を前提でローンを組んでいると名義を変えるだけでも大変な労力を使うことになります。

また、住宅ローンの契約上、通常家の名義人となる本人が住んでいなければなりません。

そのため、夫名義の家に夫が住んでいないことが銀行にバレると、
契約違反となり最悪はローンの一括支払いを求められるリスクもあります。

なので、注意が必要です。

離婚するなら家は売却するのがベスト!

 

離婚後にそのまま住み続けて、後々トラブルになることを考えると離婚時に売却してしまうのがベストな方法です。

現在所有している持ち家・マイホームを売却することで、

・売却したお金を分ける

・住宅ローンの残債に充てる

この辺りの話し合いをスムーズに行うことができます。

そもそも子供の親権や養育費のことなど離婚時には夫婦で話し合うことが多いため

一番大きなお金の問題である「持ち家・マイホーム」を売却しておくことで

スムーズに話が進み、円満離婚に繋がりやすくなります。

売却するなら簡単に「家」の価格が分かる方法があります!

それは、スマホから簡単60秒で家の売却価格を無料で査定してくれるサービスを利用する方法です。

 

え、無料で家の査定??

はい、そうなんです!

 

無料で複数の不動産会社に一括で家の価格を査定してもらえる話題のサービス。

👇👇👇👇👇👇

これを利用しないのはもったいないので、家の売却で損をしないように査定を依頼しましょう。

≫私が利用した無料で使える不動産の一括査定サイトはこちらです。

スマフォから簡単60秒で入力が終わる査定サイトで入力後に最大6社から査定価格の情報が送られてきます。すごく簡単でした!

今すぐ60秒査定してみる!

このサービスがすごいところは複数の不動産会社から出た査定価格を比較して一番高く売れる会社を選ぶことができます。

しかも今は不動産価格が高騰していると言われており、予想以上の査定価格になることも多いようです

「持ち家・マイホーム」の価格が事前に分かれば、離婚の話がスムーズに進みます。

子供のことを考えて、できるだけ揉めることなく円満離婚を実現するためにも

「家の価格」を把握して損しないように売却しましょう!

スマホから簡単60秒!
「家の価格」が無料で分かる。

今すぐ60秒査定してみる!

一人親になるならチェックして!
母子手当を受ける方が利用してる
国の救済制度
今すぐ確認!